スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
1_201401012254473cb.jpg

SDVXコンついに届きました!!
注文前から思っていましたがパネルがまんまACでかっこよすぎです!!

画像を見ていくつかツッコミたい所は有ると思いますが1つづつツッコンでいきたいと思います。


ちなみに届くまでの流れはこんな感じでした。

11/2 注文
12/19 発送
--(一度なぜか返送された)--
12/25 再発送
12/28 到着




早速ですが隅々までレビューしていきたいと思います。
今回も画像が多いので折りたたみます。

※2014/3/5
今回購入したボルテコンは中国で先行発売された中華版ですので日本版のボルテコンと比べると品質が悪いです。日本語版はツマミ部分も故障しにく設計になっており何よりも保証がありますので安心して購入できます。
購入前から思っていたことなんですが横幅が65cmもあります。
もっとコンパクトにできないかと思っていましたが、手元に届いてコンパクトなんてどうでもよくなりました。
それほどかっこいいんです。横幅の余白なんて本当にどうでもよくなります。。。。

1a_201401012254481b0.jpg
縦の幅はdaoコンなどとほぼ同等です。
箱の素材はMDFにカッティングシートが貼りつけてありました。

アクリルパネルはタオバオで購入した謎ポプコンのゴミアクリルと違い、謎ポププレミアムモデルと同じような高品質な素材でした。

2_20140101225450161.jpg
下のfxボタンには保護シールが付いていましたがなぜか上の60mmボタンには1つも付いていませんでした。
60mmボタンはネットで探しても三和以外見つけられないので、恐らく上のボタンは自家製で他はのボタンは他社製の物かと思います。

2a_20140101225451bf3.jpg
ボタン上にはテンキーが配置されていました。
ボタンを押すとテンキーとして動作しますが使い道は皆無ですので後々外す予定です。

IMG_1942.jpg
端子はコンセント式のACアダプタの物(パネルLED用)とUSB-bの物の2つが使われていました。

ツマミはマウスとして動作し、ボタンはゲームパッド入力ではなくキーボード入力として動作します。
PCでもゲームパッドとしてではなくマウス、キーボードとして認識されます。

3_20140101225445fc6.jpg
ツマミはマルツパーツで販売されているようなギザギザのないツマミです。

7a.jpg
ツマミはマルツパーツで購入したツマミと形はまったく同じで一回り縦に長いです。


ツマミの感覚はまるで何も抵抗が無い様な回し心地、それに中からコロコロといった謎の音がします。
更にPCでマウスとして動作しません。多分壊れています。

この辺は分解したときに直していこうと思います.....

4_20140101225502190.jpg
説明書など一切なしの謎のリモコンも付属されていました。
恐らくパネルのLEDの色を変えるためのリモコンかと思いますが
ACアダプタを繋いでもLEDが光りません。
恐らくこっちも壊れています,,,,

人柱覚悟でタオバオで先走って購入したので、これくらい覚悟していました。


早速ですが分解していきたいと思います。

5_2014010122550376d.jpg
パネルをネジを六角レンジで外しパネルを外してみました。
パネルは謎ポプコンと同様にアクリルにパネルの絵が貼ってあるだけなので、パネル裏に傷かないように注意が必要です。

5a_20140101225504d16.jpg
見慣れない部品より先に目が行ってしまったのは謎の穴
恐らく作成時のミスかと思います。

5b_201401012255061c4.jpg
GENBUの文字が刻印されている独自の基板です。
左二の端子がマウス入力で残りがキーボード入力となっています。

5c_20140102013719903.jpg
内部にはLEDテープが貼られており、これが光ることでパネルが光っる様です。


が、自分のボルテコンはまだパネルが光りません(^0^)

6_2014010122550004e.jpg
内部に転がっていた謎の2つ基板ですが、ツマミ部分のロータリエンコーダー切れ端でした・・・・

8_20140101225516654.jpg
実際はこれとくっ付いているはずなのですが、発送時の強い衝撃などで外れてしまったんだと思います。

それと先ほどの基板ですがこの様に外れてしまわないように両面テープが貼ってあるのですが、これが物凄く粘着力が低いんです・・・
強力両面テープに貼り変えることにします・・・


更にロータリーエンコーダーを修復しても内部の入力を感知する小さなパーツが曲がっており、まともにマウス入力を感知してくれませんでした。

なので一通りボルテコンを見終えた後にロータリーエンコーダーを取り替えます。


※ちなみに他のボルテコンユーザー曰く、このロータリーエンコーダーを使用した場合ツマミがものすごく軽くなるらしいです。

9_201401012255182b7.jpg
名前はRGB CONTROL BOXというもので、調べたらそこそこヒットしたので割と有名なんですかね?
どうやらこれでパネルの色を制御しているらしいです。
が、自分のパネルは光りません>0<

故障の原因がこの>RGB CONTROL BOXかもしれないので一度外して発光するかどうかテストしてみました。

10_20140101225520817.jpg
根元の線を切断しました。
これをLEDテープに直ではんだ付けしていきます。

11_20140101225514030.jpg
今回は青に光らせたいので先ほどの切断した線をLEDテープの青と白の線にはんだ付けしていきます。

13_20140101225531214.jpg
ひ、光りました!
これぞ自分が欲しかったボルテコンです!!!!!!



これで光るってことはRGB CONTROL BOXの故障ですね。
安定の中華クオリティです(笑

14_20140101225532fbd.jpg
接続を切り替えて緑バージョン

15_201401012255333c2.jpg
赤バージョン



※故障してないボルテコンならボタン一つで切り替わります。

16_20140101225527433.jpg
せっかくのSDVXコンなので、色を切り替えられるようにRGB CONTROL BOXもどき的なものを簡単に作ってみました。
もちろんですが、RGB CONTROL BOXのようにリモコンタイプではなく手動切り替えです。

17_20140101225606b84.jpg
スイッチのON、OFFで赤、青、緑、紫、白、水色に変色します。


こんな感じで発光します。


パネルのLEDも治って人安心したところでボタンの方も見ていきたいと思います。

18_20140101225607a31.jpg
ボタンのホルダーは傷?作りが荒いです。

21_20140101225604b18.jpg
ホルダーは品質の差が激しいです。

19_201401012256021eb.jpg
LEDは謎ポプコンのころと比べると進化しており、DAOのLED意識したようなつくりに変わっています。

20_20140101225602e84.jpg
マイクロスイッチは謎ポプコンと同様のBAOLIANで重さは触れた感じ1.98Nでした。
デフォルトだと固すぎて指を痛めてしまいそうです。

24_2014010122562271a.jpg
←三和、genbuボルテ→
画像の様にストロークは三和とほぼ同じですが、ボタンがハマりまくります。
なので、ボタン内部にシリコンスプレーの吹きかけは必須です。

ボタンの打撃音は三和がカシャカシャで、genbuボタンはコツンコツンで、ACと比べるとかなり違和感がありました。


こんなボタンですが以下の3つを行うことでそこそこ使えるボタンに変身します。
・デフォのバネを1.5巻きカット
・マイクロスイッチを0.25n(D2MV-01-1C2)に交換
・ボタン内部をシリコンスプレー吹きかけ

三和ボタンへの交換は高すぎる!!という方は参考にしてください。

26e.jpg
←三和、genbuボルテ→
構造はほぼ同じですが、三和と比べるとgenbuボルテのボディが1mmほぼ小さいです。
自作ボルテコンにはめると三和ボタンならぴったりなのですが、genbuボタンは少しすかすかでした。

22_201401012256208d6.jpg
←genbuボルテ →dao
FXボタンはなんとDAOボタンと同じものが使用されていました。

23_20140101225621da1.jpg
daoボタンとバネの長さ、ボタンの形はまったく同じです。

一通りレビューも終わったのでツマミ部分を修理していきます。

7_201401012255156f4.jpg
ツマミの取り外していきます。
見えにくいですが奥の方に六角レンチで外せるネジが埋め込まれているのでそれを外していきます。

27_20140102205303f5f.jpg
デフォルトのロータリーエンコーダーは壊れているので、マルツパーツにて1個400円程度のEC12E2430803を購入しました。

このロータリーエンコーダーはデフォルトだとめちゃくちゃ固いのですが、赤矢印の爪をマイナスドライバーを突っ込んで浮かせてやることでかなり柔らかくなりACと同じような感覚になります。

29_201401012256435ce.jpg
ロータリエンコーダーを交換するため、壊れているロータリエンコーダーはんだ吸引を使い外していきます。

29a.jpg
購入したロータリエンコーダーのサイズが合っていませんが足を曲げればごり押しでいけます。

33_20140101225703af4.jpg
購入したロータリエンコーダーは軸が短くツマミがアクリルについてしまうので、このままだとアクリルと擦れゴリゴリ音が鳴り回し心地があまりよくありません。

34_201401012257050d9.jpg
そこで、daoの皿の構造を真似してフェルトを挟んでみました。
ダイソーで100円で購入です。

36_20140101225715adf.jpg
フェルトを綺麗に円形にし貼りつけて、ツマミにはシリコンスプレーを吹きかけました。
これで回し心地はまんまACに変化しました!!

更にツマミがアクリルの底に付いているのでロータリーエンコーダーへの負担も軽減されます。


無事PCで動作確認がとれ、ツマミのLEDも発光しました。
色々ありましたが無事つまみも動作して良かったです(。_。)

37_201401012257176d4.jpg
見た目が悪い+使用用途がないのでパネル右上に付いていたテンキーは外しました。
テンキーに付いている両面テープがやたら強力でパネルにテープ跡がべっとり残るので、外す際はシール剥がし液は必須です。

39_20140101225733216.jpg
デフォルトのままだとボタンの文字まで発光してしまうので発光しないようにしていきます。

39a.jpg
とは言っても中に鉛テープを貼るだけです。

鉛テープでもなくても光を遮断できる物なら何でもおkです。

IMG_1947.jpg
文字が完全に発光しなくなりました。

これにて改造、修理、レビュー終了です!


最後に、
初のボルテコンで期待していましたが期待通りの出来でした!
寸法やデザインもACと全く同じなのでやる気がそそがれます。
色々故障していましたが修理も楽しめたのでよしとします。

それと日本代理サイトのボルテコンですが
玄武の日本代理サイトを見る限りツマミの構造は変わる気がする?ので、ツマミの故障の心配は恐らくないと思います。
ledの方は知りませんが....
一応日本版のボルテコンも買う予定なのでまたその時レビューしたいと思います。




ではではこれにて失礼します!!








音ゲー | コメント(13) | トラックバック(0)
コメント
No title
>>kotaさん
k-shoot maniaで使えます。
amazonでは売ってません。
No title
これってK-shoot MANIAでもこのコントローラーでできるんですか?
あとアマゾンで売っていますか?
No title
>>sherryさん
いえいえ。無事動作したようで安心しました。

>>まちゃさん
中華版ではなく日本版ですがココですね。
http://www.genbujp.com/shopdetail/000000000018/ct7/page1/order/
No title
こちらの商品はどのサイトで購入されましたか?
それと値段を教えて頂きたいです。
No title
回答ありがとうございました!
無事つまみとして認識させてプレイする事ができました。
突然の質問ですいませんでした
No title
>>sherryさん
option→入力/判定の設定→INPUT TYPE OF LASER OBJECTの欄を専用コントローラー(マウスx/y座標)に変更することでツマミが認識します。。また、SLIDER/MOUSE SIGNAL SENSITIVITYの値を変えることでツマミの補正効果を高くすることも可能です。
No title
はじめまして、もしよければ教えて頂きたいのですが
日本版のSDVXコンのロータリーエンコーダーをk-shoot mania上でつまみとして認識させるにはどうしたらいいのでしょうか?マウスの設定をいじるのでしょうか?
No title
>>名無しさん
そこまでこだわりがないなら数千円の違いですし、作成時間も一週間ほどかかるので玄武で買ってしまった方がいいと思いますよ。

>>ひげねこちゃん
外装はねw
買ってもk-shoot maniaはツマミの判定が厳しいくてacと違うからその辺も考慮しとこう

>774さん
K-shoot maniaは画面小さくして、pcの解像度ひくくすれば大画面でかなり快適に動作します。

Spadaスキンっていうのは自作のspada風スキンの事ではないですか?
Spada解析の話はあまりきかないですね。
No title
>パネルがまんまACでかっこよすぎです!!
いややべえだろwwww
それにニセモノボルテもここまでヌルヌル動くものだとは知らなかったし・・・

弐寺の方もツイッターで堂々とほぼspadaスキンっぽいのが公開されてたし
なんかスキン解析はおkみたいな流れになってんな
No title
中身は置いといて外装はいい感じだね~!
俺も購入検討しておこう!
No title
おつかれさまです。
これ買うか自作するか悩むなぁ・・・
自作は配線とか自信ないけど安く済みますしねぇ・・
No title
>>めりさん
そこら辺は中華版ですから仕方ないですね。
包装の仕方とかも色々とひどかったですw

No title
人柱おつかれさまです!
やはり今回も発送までにひと悶着あったりで、安心して買える環境はまだまだ先になりそうですね・・・

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。