スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ボタン下鉛シート最強説

2013/04/23 Tue 23:51

IMG_3544.jpg
http://homingpuyo.blog91.fc2.com/blog-entry-635.html
前の記事と同様にポップンのボタンの下にも鉛シートを貼り付けてみました。

驚くほど感触が変わりました。
鉛シートを張る前と比べると、手に掛かるボタンの衝撃の感触がまるで別物です。
分かりやすく例えるならば、アニメロ筐体のボタンの感触から通常の筐体に変わったような感じです。


海外コンに鉛シートは必須ですね・・・・・


スポンサーサイト
音ゲー | コメント(5) | トラックバック(0)

dj daoT10規格の5V ledの作り方

2013/04/18 Thu 23:33

daoコンの青色ledがひとつ壊れてしまい急遽必要になったので自作してみました。
daoで購入すると送料がうん千円かかったりと色々とあれなんですよね・・・・・

パーツ購入はこちらから http://www.led-paradise.com/

今回自分が購入した物リスト
・5mm円筒型青色LED[1121] http://www.led-paradise.com/product/21
・T-10ウエッジベース http://www.led-paradise.com/product/70
・1/4Wカーボン抵抗 10本セット[3711] 91Ωhttp://www.led-paradise.com/product/27

1_20130418233033.jpg
t10の型も購入しましたが、今回は謎ポプに付属していたledを利用して作ろうかと思います。

2_20130418233109.jpg
とりあえず分解して行きます。

3_20130418233113.jpg
先ほど購入した5mm円筒型LEDです。
daoのledと比べると一回り小さいですが十分な光量です。

4_20130418233118.jpg
ledの足を切り、先ほど購入した抵抗を画像の様にはんだ付けして行きます。
※なるべく抵抗をledに近づけるように
理由としてはledが浮いてしまい、ボタンを入力した時に接触指定しまう恐れがあるからです。

5_20130418233125.jpg
ledの足をt10の型に巻きつけて行きます。
ledが少々浮いていますがボタン入力時に接触しなかったのでこれで行くことにしました^^b

6_20130418233129.jpg
左下が今回作成したledです。
少し全体に光っていませんがほとんど気にならないレベルかと思います。


ちなみに今回led1個にかかった費用は
40(led)+30(t10型)+5(抵抗)=75円
先ほど紹介したサイトは定型外の発送にも対応しているので送料の心配もありません。


・おまけ
7_20130418233137.jpg
t10の型がない場合でもledの足を丸めれば無理やりですがはまります^^

8_20130418233142.jpg
プレイ中にledが外れてしまいそうなので正直お勧めはしません^^
音ゲー | コメント(3) | トラックバック(0)
前々から気になっていたんですけど、弐寺daoのボタンを三和ボタンに変えてもアーケード感覚とは少し違いますよね?
弐寺daoはボタンを押したときに衝撃が手に直にきている気がします。
※ポプdaoでも同様

とりあえずその違和感を解消できたので紹介します。

IMG_3545.jpg

ボタン下に鉛シートを貼るだけです
かなりの衝撃を鉛シートが吸収してくれます。

ほんの少しですが打撃音の高音もカットすることもできちゃいます!
さらにボタン内部に敷くわけでないのでストロークの問題もありません!


鉛シートは東急ハンズやホームセンターなどに売っているので、だまされたと思ってやってみてください!


でも
※自分が神経質すぎるだけかもしれません
実際ボタンを押した時に衝撃が直で来るとか聞きませんしね・・・・・
自分のdaoコンが欠陥品なのかもしれません(笑


音ゲー | コメント(0) | トラックバック(0)
今回はusbゲームパッドでのpmsプレイ時の黄色ボタン無反応を直していこうと思います。

先に言っておきますが
分解しなくてもJoyToKeyというアプリで直せます

自分は改造が趣味なんで自力で直していきます^^;

IMG_3494.jpg
前回紹介した謎ポププレミアムの基盤になります。
色々といじくったりするので結束バンドは切ってしまいました。


まとめにくいのでとりあえず結論から
一応usbゲームパッド側にもポプコンとして認識させる↓←→の常時入力部分はあったのですが、このusbゲームパッド基盤自体が2方向の信号しか認識してくませんでした。
←→入力で入力打ち消し、残った↓だけあまったみたいな感じですかね?
確証はないですが・・・・・

なのでusbゲームパッドでプレイとなると↓←→の常時入力を消してしまう必要があります
この入力を消していまうとps端子の方にも影響がでてポプコンとして認識しなくなりますが、csポップンなんてやる気サラサラないので迷いはありません^^
ps2ポプは遅延もひどいですしね・・・

言い忘れましたがLR2では↓←→の常時入力がなくてもオプションからポプコンとして認識させることができます。
※神ソフトですね

IMG_3496.jpg
基盤の裏側部分です。
今回大事な所が赤丸信部分で、これらが↓←→の入力信号部分になっています。

GRDと↓←→がはんだでくっ付いているのでこれらを半田吸引機やらで取っていきます

IMG_3500.jpg
すっきりしました^^

pmsでの動作確認もばっちりでしたb


IMG_3500_20130403234604.jpg
・おまけ
こんな感じでスイッチを利用して↓←→を常時入力させたりさせなかったりする事も可能です。
自分はめんどくさいのでしませんが^^

言い忘れてましたが左サイドの無反応ボタンは→入力として動作はしていました。
ボタンを押しても常に押されている状態なので反応がないように見えたみたいな感じです。



情報をまとめるって難しいですね;;;
ぐっちゃぐっちゃな記事で済みません。
音ゲー | コメント(1) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。