スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
サンボルコンの需要がありすぎせいか通販サイトのφ30ツマミやUSBボールマウスが品薄状態になっていますね・・・・
正直ここまで需要があるとは思いませんでした。
そこで入手困難なφ30ツマミやUSBボールマウスの手方法を紹介します。

IMG_0869.jpg
USBボールマウスはハードオフなどで探せば割と見つかるものです。
自分は近場のハードオフで3つ発見しました。

IMG_0870.jpg
赤○の部分の部品があるUSBボールマウスがツマミのマウス化改造可能な物になります。
USBボールマウスの基板の構造はどれもほぼ同じなので、前回の自作記事で紹介したM-M1UWHと同じように配線してやれば使用することができます。

ツマミは近場のマルツパーツで普通に売ってましたし、ツイッターのフォロワーさんがショップで購入していたショップを巡れば直ぐに見つかるかもしれません。
スポンサーサイト
音ゲー | コメント(0) | トラックバック(0)

REVIVE USB

2013/10/06 Sun 01:34

前回作成したサンボルコントローラーの遅延が少し気になったので、遅延が少ないと噂のREVIVE USBを購入してみました。

以下公式から
REVIVE USBはFull Speedモード(通信速度12Mbps)で動作し、
キーボード、マウス、ジョイスティックの入力を1/1000秒に一回送信しています。
その為、入力遅延は1/1000秒以下となりますので、ゲームコントローラにも安心してお使いになれます。


IMG_0847.jpg

基盤の組み立てと配線をすませてゲームパッド基盤と交換してみました。

ゲームパッド基盤がなくなったおかげで内部の見た目が大分良くなりました!
メンテをしょっちゅうする自分としてはかなり嬉しいです!!

k-shoot maniaでプレイをしてみると全体的に20000ほどスコアが更新できたので、遅延が解消がされたのが実感できます。
やはり音ゲーコントローラーに良く分からない謎のコントローラー基盤を使うのはよくないですね。
とは言っても、まだ完全にAC感覚+スコアが再現されていないので近いうちに立ち環境も作っていこうともいます。

※REVIVR USBの配線図うpしました→http://homingpuyo.blog91.fc2.com/blog-entry-657.html

 BitTradeOne REVIVE USB AD00007

 BitTradeOne REVIVE USB AD00007
価格:2,247円(税込、送料別)

音ゲー | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。