スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
今回はusbゲームパッドでのpmsプレイ時の黄色ボタン無反応を直していこうと思います。

先に言っておきますが
分解しなくてもJoyToKeyというアプリで直せます

自分は改造が趣味なんで自力で直していきます^^;

IMG_3494.jpg
前回紹介した謎ポププレミアムの基盤になります。
色々といじくったりするので結束バンドは切ってしまいました。


まとめにくいのでとりあえず結論から
一応usbゲームパッド側にもポプコンとして認識させる↓←→の常時入力部分はあったのですが、このusbゲームパッド基盤自体が2方向の信号しか認識してくませんでした。
←→入力で入力打ち消し、残った↓だけあまったみたいな感じですかね?
確証はないですが・・・・・

なのでusbゲームパッドでプレイとなると↓←→の常時入力を消してしまう必要があります
この入力を消していまうとps端子の方にも影響がでてポプコンとして認識しなくなりますが、csポップンなんてやる気サラサラないので迷いはありません^^
ps2ポプは遅延もひどいですしね・・・

言い忘れましたがLR2では↓←→の常時入力がなくてもオプションからポプコンとして認識させることができます。
※神ソフトですね

IMG_3496.jpg
基盤の裏側部分です。
今回大事な所が赤丸信部分で、これらが↓←→の入力信号部分になっています。

GRDと↓←→がはんだでくっ付いているのでこれらを半田吸引機やらで取っていきます

IMG_3500.jpg
すっきりしました^^

pmsでの動作確認もばっちりでしたb


IMG_3500_20130403234604.jpg
・おまけ
こんな感じでスイッチを利用して↓←→を常時入力させたりさせなかったりする事も可能です。
自分はめんどくさいのでしませんが^^

言い忘れてましたが左サイドの無反応ボタンは→入力として動作はしていました。
ボタンを押しても常に押されている状態なので反応がないように見えたみたいな感じです。



情報をまとめるって難しいですね;;;
ぐっちゃぐっちゃな記事で済みません。
音ゲー | コメント(1) | トラックバック(0)
コメント
No title
左下右常時反応の切り替えってスイッチつけても意外と使わんのよねーこれが

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。