スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

DJ DAO FP7 EMPレビュー

2014/03/30 Sun 03:07

DAOの最新コントローラーFP7 EMPを入手しました!!
名前から分かると思いますが、このDAOコンEMP皿を搭載しています。

GENBUからEMP皿搭載筐体が販売され、EMP皿搭載が当たり前になっている事に焦りを感じたのか・・・
そういった業者の問題はおいておいて、私自身海外コンのEMP皿を触るのは初めてなのでどのような物かとても楽しみです。

簡単にですがレビューしていきたいと思います。
中身は過去に紹介したFP7と何も変わらないので省きます。

IMG_2803.jpg

2_20140330020514247.jpg
毎回恒例ですがステッカーが剥がれています。
このEMP皿の素材は私が作成しているEMPシートと同じ所から取り寄せている物なので分かることなんですが、ステッカーなどのシール類との相性があまり良くありません。
更に今回の場合ですとステッカーのクリアの部分が変形しており更に剥がれやすいようになっています。
なので再度貼り付け直しても時間が経てばまた剥がれてきます。

対処作
・ステッカーの裏に強力な両面テープを貼る
・ステッカーの表面の透明な部分だけを剥がす



ステッカーのことで長々語ってしまいましたがEMP皿についても少し喋っていきます。

まずEMP皿の角ですが合皮がターンテーブルと完全に一体化して段差が全くありません。
段差がないのでプレイ中に角で怪我をする心配もないですね。
※皆伝の方は怪我するそうです

合皮の部分を剥がそうと試してみましたがちょっとやそっとでは剥がれないように貼り付いていました。
daoが販売しているEMPシートは剥がれやすいと聞いていたのでもしや・・・と思っていましたがその心配はないようです。

滑り止めとしての性能は素材がフリフロや私のEMPシートと同様ですので問題ありません。
3_20140330020516a34.jpg
軸の中心まで合皮が貼り尽くされています。
中心の部分だけステッカー分くり抜いてくれていればステッカー貼りついたんですがね・・・

4_20140330020517916.jpg
横から見ると合皮がとびでていない事が分かるかと思います。




EMP皿搭載モデルがFP7のみ販売されているという事は様子見といったところでしょうか?
FPS、PEE2版が発売される時は中心部分をくり抜いて欲しいですね。
※PEE2版は全力で買います




音ゲー | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。