スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
日本版ボルテコンのツマミの軽さ・・やはり気になりますよね
そこで音ゲーマーなら持っているであろう身近な物?で対策をしてみました。

・用意する物
鉛シート
マイナスドライバー

ある程度の重さがあってプラスチックの隙間に固定できる物は鉛シート以外思い浮かびませんでした。

IMG_3418.jpg
IMG_2839.jpg
鉛シートをツマミの隙間に敷き詰めていきます。

4ヶ所ある1つの隙間に鉛シートが入るギリギリの量(縦1cm 横4.5cmの鉛シート×2)を詰めていきます。
恐らく手では鉛シートが入り切らないと思うのでマイナスドライバーで無理やり押し込んみます。

IMG_2841.jpg
全ての隙間に鉛シートを詰めました。
この状態でもほぼ落ちてこないとは思いますが、念には念を入れて内部の鉛シートが落ちてこないフタも作成していきます。

IMG_2842.jpg
鉛シートを縦5m 横16cm×2にカットしツマミの内側と外側に渦を描くように巻き付けていきます。
なかなか綺麗に巻きつけれないと思いますがマイナスドライバーを駆使して気合で頑張ってくださいo^_^o

鉛シートだけでも重さは明らかに変わりますが実機と比べるとまだ少し軽いです。
そこで中華版ボルテコンの時と同様に鉛シートを下に敷いてみました。

IMG_3433.jpg
日本版のボルテコンは底からツマミの底までの距離が広いので2枚のフェルト重ねてを摩擦を大きくします。
※ツマミが重いと感じた場合はフェルトを1枚外し、軽いと感じた場合はフェルトを1枚増やしてみてください。

IMG_3434.jpg


以上で完成です!


感覚が全く同じというわけではないですが、重さだけはほぼACと同じように調整できたと思います。
デフォルトの状態と比べると重さは劇的に変化し値段以上の効果はかならずありますので、ボルテコン所持している方はためして見てはどうでしょうか!?

ではでは楽しいボルテライフを!


音ゲー | コメント(5) | トラックバック(0)
コメント
No title
>>名無しさん
自分はダイソーのカラーフェルトを使用しました。
No title
ホーミングさんの使っているフェルトシールはどこで買いましたか?
写真かURLを頂ければ幸いです。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
万能ですからねっ
No title
鉛シート好きですね

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。