スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

虹コン 2.5 レビュー

2014/06/23 Mon 09:55

Rainbow Portable 2+(2.5)こと虹コン2.5を購入しました!

旧虹コンとの違いや他のコントローラーとの違いを比較していきたいと思います。
※この虹コンは中華版なので日本版と多少使用が異なる所があるかもしれません。

1_201406230952327ab.jpg
虹コンと言えばこのやはり独特的なデザインですね。
dao、ning、genbuのようなアーケードそのままではなく独特なデザインです。

3b.jpg
今回の虹2.5はネジ穴をデザインとして活かしたデザインになっています。

IMG_3890.jpg
端子はdao等と同様に電源供給用、ゲームパッド用、PS端子となっています。
ゲームパッド端子は何故かターンテーブルがマウスとして動作するためBMSでのプレイにはPS2変換コンバッターが必要です。

2_201406230952320d7.jpg
旧虹コンの決定的な短所であるターンテーブルの高さがACと違う点ですが旧虹コンと変わりませんでした。

皿の表面はツルツルで滑りますが虹から虹2.5専用のシートが販売されているようですのでそちらを購入すれば問題はありません。
ターンテーブルLEDの光量は旧虹コンと比べると少し少なめです。

3_20140623095235430.jpg
アーケードを意識したデザインなのでSTARTSELECTEFFECTボタンの3つがあります。
不必要なボタンは他のキーに割り当てたりもできますね。
見た目的にもはかっこよく、とても良いと思います。

3a_20140623095234e4c.jpg
ボタンのLEDはdaoなどのLEDと比べると光量が少なくぼけたような綺麗な色合いでした。

4_20140623095254874.jpg
旧虹コンは裏蓋がネジタイプでしたが虹2.5はマグネット化されていました。
最近の海外コンは裏蓋のマグネット化が当たり前になってきていますね。

6_2014062309530931b.jpg
鍵盤部分の内部です。

7_20140623095309286.jpg
基板はターンテーブルと鍵盤の間の柱に埋め込まれていました。
daoと違い配線が全部白なのでマイクロスイッチの交換などで迷子になりそうなので注意が必要です。
※なりました。

8_20140623095313dfc.jpg
SELECT、EFFECTに使われている小型ボタンです。
通常のボタンと同じ横に回転することでホルダーが外れます。

ボタンは硬すぎて外れませんでした。

9_2014062309535617a.jpg
スイッチは更に小さいマイクロスイッチが使用されています。

5_2014062309525329b.jpg
一部のネジはホットボンドで固定されていますが簡単に取り外せます。

5a_2014062309525529c.jpg
ターンテーブルLEDは虹色の変色LEDが使用されていました。
発光色は青のような色でしたが、どうやら赤青緑が同時で光っているようです。

5b_20140623095249fab.jpg
RBGの配線を変えればほかの色にも変更可能です。

5e.jpg
電源ケーブルを逆向きに刺せばdaoのLEDも使用することが可能です。
ningコンにdaoのLEDも使用できたのでターンテーブルLEDは虹、dao、ning全て互換性があるようです。

5c_201406230952510d8.jpg
ターンテーブルの内部にはプラ板と画像には映っていませんがフェルトが挟まっていました。

5d_20140623095305533.jpg
分厚いプラ板でターンテーブルを底上げしているようです。


次に鍵盤を見ています。
旧虹コンは全てのボタンのストロークが違うと違っていましたが、どう修正されているか自分的に一番気になる点です。

10_20140623095349760.jpg
比較対象としてdaoボタンを用意しました。

dao、→虹2.5
画像を見て分かる通りボタンが以上に浮き出ており、daoボタンと同じくかなり深くまでボタンが沈みます。
プレイしてみると深いストロークでかなりの違和感があります。

ですがゴム板などのストロークが浅くなる静音化を行った場合に、ストロークが浅くならないで静音化する事ができるので使い方によってはそこまで悪いボタンではない気もします。

旧虹コンのようなストロークの違いはありませんでした。

10a_201406230953515c3.jpg
ボタンの色は三和似な色になっています。

10e.jpg
・ボタン詳細(デフォルト)
スイッチ:0.45N
バネ:100gほど
LED色:ボケた青色

daoのように軽すぎないで良い組み合わせだと思います。

・感想
少し癖のあるボタンですが使い方によっては他のボタンに負けない使い心地になりますし、大きさがfpsより小さい所がいいですね。
他にも虹はなんといってもこの独特的なデザインがいいですね。
アケコンに独特的なデザインを求める方にオススメだと思いました。






その他 | コメント(7) | トラックバック(0)
コメント
怪しい
他の海外コン(DAOコンなど)もスクラッチはマウスなのが当たり前ですし
コンバーターなど挟まず設定をしなくてもLR2で使えるんですが…

本当に海外コン持ってるんですか?
No title
虹コン2+公式にモード設定などが書いてありますよ
No title
>>名無しさん
ps2変換コンバッターを使えば可能ですね。
No title
スクラッチはマウスだけど普通にBMSできますよ?
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
No title
スクラッチがマウスってw
BM98(初代系)ぐらいしかできないじゃないか
No title
スイッチの重さ、0.49Nじゃないですかね?

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。