スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

イヤホンの断線修理

2014/10/02 Thu 23:05


数年愛用していたオーディオテクニカのCKM99なんですが片方からしか音が鳴らなくなってしまいました。
サポートも等に切れているので自力で修理していきたいと思います。

]1_20141002222632bff.jpg

音がならない原因として考えられるのは以下の3つ。
・断線
・ドライバ自体の故障
・プレイヤー自体の故障


自分の場合はケーブルを弄っているとまれに音が鳴るので断線だと判断しました。

◆必要なもの
・伸縮チューブ(ダイソー) 100円
・3.5mmイヤホンジャック 300円
・オーディオ用はんだ(ダイソー) 100円
=500円

高価なイヤホンジャックを使用すればもう少し値段が上がりそうですが、そこまで音質に影響しないらしいので安物を使用しました。
ckm99自体そこまで高価なものでもないですし十分です。

2_20141002222633348.jpg
イヤホンの一番断線しやすい場所のイヤホンジャック部分を切断していきます。

中の線はそれぞれ以下の役割をしています。
赤:右
緑:左
透明:GND


イヤホンは大体上記の組み合わせで統一されているようです。

無題
図の通りにイヤホンの中の線を配線していきます。
イヤホンの中の線は布のようなものが混ざって配線しにくいのでしっかり予備ハンダをつけておきます。

この時はんだづけがあまりにも汚いとイヤホンジャックのキャップを占めた際にショートしてしまうのでハンダ付けは綺麗に。
また、配線前にイヤホンジャックのキャップと伸縮ケーブルをハメておかないとハメれなくなるので気をつけましょう。
※ハメ忘れました。


4_201410022226298cc.jpg
自分の場合断線箇所はイヤホンジャック部分ではなく左右の分岐にありました。
左右でGNDが2になりましたが、重ねて1つにまとめて配線すれば特に変わりはありません。

5_2014100222263076c.jpg
動作確認が取れたら伸縮ケーブルで固定し、イヤホンジャックのスメの部分で更に固定していきます。

6_20141002222728a74.jpg
先程も言ったとおり配線が汚いとこのキャップを占めるときにショートしていまいます。
シュートしたらやり直してください^^;

7_201410022227271be.jpg
これにて完成です!!

ノイズなどもなく断線する前と全く同じ状態になりました。
自分で修理したのでckm99への愛着が一層強まりました^^

あと数年は頑張ってもらいたいです♪



その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。