スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
1_201610151421590a4.jpg
VIRGOO(旧虹コン)から最近発売された弐寺コントローラーのVIRGOO Portable DX を入手しました!
弐寺海外コンは「メンテンナンス製」、「ACの感覚の近さ」、「情報量」からDAOコンの一強なイメージが強いですが、このタイミングで発売されたこいつはどこまでの性能なのか、メリットデメリットを書いていこうと思います。
1_201610151421590a4.jpg
筐体全体のデザインはネジ類が一つもなくシンプルかつ、安っぽくなくていい感じです。
SDVXコンもそうですが、VIRGOOのコントローラーは他の海外コンのような筐体丸パクリなデザインじゃないので、個性がありますね。
難点を上げるならパネルの色が白なので指紋と汚れがすごい目立つこと。
筐体丸パクリなデザインだとパネルがメタリックなんで汚れが目立たないんですね~

2_20161015142200381.jpg
ターンテーブル上部のエンブレムですがこれだけは個人的に無いと思いました。
安っぽいプラスチックの板にペラッペラのシールを貼っただけという、なんというか手作り感満載です。
ステッカーは虹コンの時のほうが高級感あって良かったかな・・・・

3_201610151422019e3.jpg
それとターンテーブルエンブレムの事でもう一つ。
このエンブレムテープはテープで固定されているのではなく、マグネットで固定されているのですがこれが取れやすいのなんの・・・・・
プレイ中に指がエンブレムに当たったら高確率でエンブレムが飛んで行くと思います。
マグネットでの固定方法はターンテーブルのメンテンナスする上ですごく便利なので、マグネットを1点止めから3点止めくらいにはしてほしいかな・・

7_20161015142213dcf.jpg
ターンテーブル下はフェルトが1毎挟まっていました。
ちょっと滑りが悪いのでシリコンスプレーで滑りを良くした方がいいですね。

それと虹コンの時と同様にターンテーブルの表面がツルツルなので汗をかきはじめるとターンテーブルが滑ります。
滑り止めシートがほしいですね。

IMG_1686.jpg
虹コン後継機と言ったらターンテーブルの高さですよね。
虹2、虹2.5は高さが違っていましたが、こいつはAC寸法と同じで作られていました。

4_20161015142203299.jpg
鍵盤側にネジ類が一個もないのでどう固定されているのかわからなかったんですが、

5_201610151422046a5.jpg
ターンテーブルエンブレムと同様にマグネットで固定されていました!

今までの海外弐寺コンって「裏蓋がマグネットキャッチされているからメンテンナス便利!」な感じでしたけど、こいつは逆さにする必要もないので更に楽に交換できますね~
プレイサイドの交換も数秒で終わりそうですw

裏蓋を開かせる必要が無いと分かっているせいか裏蓋はマグネットで固定されておらずネジ止めされています。

6_20161015142219994.jpg
鍵盤側はマグネット6点止めなのでガッチリこていされています

8_201610151422157e1.jpg
個人的にこのコントローラーの一番いいと思った所がこの中身ですw
写真だとわかりにくいかもしれませんが、素材がいいんですよね。
それに配線がきっちり整理されていて汚れもまったく無いので本当美しいです。

はっきり言えるのはボルテ、ポップン、弐寺コントローラー全て含めて内部側が一番綺麗なコントローラーだと思います。

9_2016101514221677b.jpg
鍵盤側です。
筐体を逆にして中を弄っていると鍵盤のマグネット力が足らず落ちてきます。
まあ鍵盤のメンテンナンスは裏蓋開けなくてもできるんで特に問題ないかなと思います。

10_2016101514221874c.jpg
ちなみに鍵盤とターンテーブルのスペースをKONAMI専用コントローラーの寸法にすることもできます。
青っ丸部分の蝶ネジを四ヶ所外すとターンテーブルのパネルがスライドして動くようにます。
動かない場合は周辺の太いネジを4ヶ所緩めると動きます。


・・・・・・
海外弐寺コンには定番のこの機能ですが、これって使っている人いるんですかね・・・・?
あっても困りはしませんが無くて値段が安くなるならそっちのほうがいい気もします。


このコントローラーですが隠れた機能が多いですw
よく使う機能としては黒鍵盤を3ボタンを数秒間長押しした状態でターンテーブルを回すとLEDの発光色が変わります。
他にも発光パターンを変えたりinfinitasで使えるモードに変更したりと色々ありますが、全て紹介するとキリがないので詳しくは公式を見てくださいw
http://www.rbcjp.com/shopdetail/000000000038/ct12/page1/order/


daoのfpsと比べると+3000円でここまで便利機能が多いとお買い得な気もします。
コスパ重視ならfps機能性+個性重視ならVIRGOO Portable DXって所でしょうかね。

・まとめ
プレイの感覚はほぼACと同様。
デザインが個性的。
鍵盤とターンテーブルのメンテナンスがかなり楽。
ターンテーブルの周りが少し悪い。
ターンテーブルが汗で滑りやすい。
ターンテーブルエンブレムが外れやすい。
ターンテーブルの色、発光パターンを変えれる。
インフィニタスでも使用可能。
・機能がめちゃくちゃ多い。


LEDランプ[赤] 【LED-R-】

LEDランプ[赤] 【LED-R-】
価格:864円(税込、送料別)



その他 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。